シワ・毛穴の開き解消には水素水がマスト!

多忙な大人女子必見!簡単「ながらスキンケア」

水素水は飲むだけでなく、スキンケアにも活用できるので試しやすい方法からチャレンジしてみましょう。

まずは1番チャレンジしやすい、水素水を化粧水として使ったパッティングから始めてみましょう。

簡単!水素水の美容法

水素パッティング

水素水の化粧水としての使い方は、基本的に通常の化粧水と同じです。コットンや手のひらを使って、肌に塗布していきましょう。どちらの方法を採用しても良いのですが、パッティングを行なう際は肌や手を清潔にした状態で始めましょう。コットンを使ってパッティングするなら、繊維の毛羽立ちが少ないものを使用し、たっぷりと水素水を含ませてから肌に塗布していきましょう。手のひらを使ってパッティングするなら、肌を包み込むように優しく肌に水素水を塗布していきましょう。パッティングを行なう内に、肌の温度が下がり吸い付きが良くなってきたら終了しましょう。モチモチと潤った感覚を確認できたらパッティングの完了です!くれぐれも肌を叩きすぎて赤くしないように気をつけましょう。

水素水フェイスパック

水素水を使ったパッティングに慣れてきたら、もうワンステップ進んでみましょう!オススメは水素水を使ったフェイスパックです。パッティングでも十分に美肌効果を高めてくれますが、フェイスパックに活用することでさらなる効果を発揮してくれます。フェイスパックを行なう方法も、パッティング同様非常に簡単です。市販されているシートマスクに、水素水を含ませて顔にのせるだけです。シートマスクは程よく厚みのあるタイプがオススメですが、手に入らない場合は大きめのコットンを割いてシート状にして使用しましょう。パックを行なう時間は5分~10程度でOKです!あまり長時間行なってしまうと、肌の水分が蒸発してしまうので気をつけましょう。パック後は乳液やクリームで油分を補い潤いにフタをしましょう。

水素水風呂

水素水を使ったパッティングやパックを続けていく内に、肌のトーンが明るくなっていきます。そうなると顔から下の首やデコルテ、体全体のトーンが気になってくることもあるでしょう。ですが、全身にパッティングを行なったり、シートマスクをのせたりするのは難しいので水素風呂に入ってケアしていきましょう。水素水を入浴時に活用するには、大きく分けて2つの方法があります。1つ目は半身浴を行ないながら、水素水を飲む方法です。この方法なら入浴中の水分補給もできますし、水素水に含まれる水素のおかげで新陳代謝をアップさせ発汗をうながすことができます。2つ目は水素水に浸かる方法です。贅沢な方法に聞こえますが、入浴剤や水素発生器を使用するだけで自宅でも水素風呂を簡単に作ることができます。水素水に浸かることで全身の毛穴から水素が吸収され、肌へと浸透し潤いがもたらされます。

水素水で美肌になったら挑戦したい!スッピン風メイクのポイント

素肌感を活かしたスッピン風メイク

スキンケアや入浴時に水素水を活用することで、肌トラブルが解消されると化粧品だけに頼らない美しいメイクアップができるようになってきます。シワ・毛穴の開きが解消されると、その分カバーする手間や作業もなくなるので素肌を活かしたメイクが楽しめます。

スッピン風メイクにチャレンジ

素肌を活かしたメイクを行なう時は、粒子が細かいパール入りの化粧下地を使いましょう。そうすると光の反射作用で、毛穴の開きや肌の色ムラが目立たなくなります。化粧下地を少量手の平にとり、額や頬に薄くのばしていきます。その後にファンデーションを塗っていき、気になる部分にだけコンシーラーを使ってカバーすればOKです。この時に使うファンデーションは、リキッドやクリームがオススメです。肌への密着性が高いので、パウダーよりもナチュラルに仕上げることができます。仕上げに薄くルースパウダーをはたいて余分なテカリをおさえたら、スッピン風メイクの完成となります。

スッピン風メイクに欠かせない透明感を出すコツ

透明感を出すにはメイク前のスキンケアが大事です。水素水を使ってパッティングやパックを行ない、肌に十分な潤いを与えておきましょう。この工程がメイクの出来栄えを左右します。また、肌色を補正してくれるコントロールカラーは必須アイテムとなるので用意しておきましょう。ブルーやパープルが肌の透明感を引き出してくれる色となります。顔全体に薄くのばしていけば、ムラにならずに仕上げることができます。TゾーンやCゾーンにハイライトを入れることで顔により明るさがプラスされます。

自然な血色をチークで再現する

スッピン風メイクには肌の内側から上気したような、じんわりとした血色のチークが似合います。ツヤ感のある練りチークを利用して色味を足していきます。目安になる色味は、指を圧迫した時の赤みです。その色が1番自分の肌に映える赤みとなります。練りチークは指に少しずつとり、「ポン、ポン」っといったような感じで優しく叩いて肌に重ねていきます。スッピン風の仕上がりを目指すなら、黒目の下の延長線上あたりに丸くのせていきましょう。

ジューシーで柔らかそうなナチュラルリップ

顔の印象を左右するリップメイクは、潤いと色味のバランスが大事になってきます。メイク前はリップクリームをなじませて保湿を行ない、唇の状態を整えておきましょう。口角のくすみはコンシーラーやハイライトでカバーしておき、肌なじみの良いベージュ系リップライナーで縁どります。ジューシーで柔らかそうなナチュラルリップにするには、色味は控えめにしてツヤを意識しましょう。口紅を塗った後は軽くティッシュオフして、唇の中心にグロスを足していけば完成です。唇の赤みが強い方は、薄付きの口紅やグロスを使うと自然な仕上がりになりますよ。

化粧崩れを防ぐテクニック

せっかくナチュラルに仕上げたメイクも、崩れてしまっては勿体無い!乾燥やテカリをおさえてメイクを持続させるには、水素水を使って乗り切りましょう。

水素水ハンドプレスでメイク前の肌を整える

肌の水分量と油分量のバランスが整うと、テカリや乾燥も少なくなります。

ですから、化粧を始める前は肌に十分な潤いを与えておきましょう。

スキンケアを行なう際は水素水を使ったハンドプレスがオススメです。

まず水素水を適量とって顔になじませていきます。

この時、肌を包み込むように手の平で顔を覆っていきましょう。

そして水素水が肌の浸透するまでプレス(押し込む)すれば、化粧崩れの対策完了です。

水素水ミストを使ってなじませる。

外出先で化粧崩れや乾燥が気になった場合は、水素水ミストで対応しましょう。

ミストボトルに水素水を入れて携帯しておけば、化粧崩れや乾燥が気になった時に重宝します。まずは、皮脂をティッシュやあぶらとり紙でオフした後、水素水を顔全体にスプレーしていきましょう。

スプレーする際は顔から10cm~15cm程離して全体に吹きかけるようにして軽くハンドプレスします。

全体に水素水がなじんだら、薄くファンデーションやコンシーラーを塗り化粧崩れを直しましょう。